1st-3rd

『創』(そう)は、ACIDMANのメジャーデビューアルバム。2002年10月30日に東芝EMI/ヴァージンレコードから発売された。

アルバムに先駆けて「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」の3曲がプレデビュー・マキシ・シングルとして、300円という低価格で限定リリースされた(現在は入手困難)。上記の理由から、3曲は3部作と呼ばれている。

収録曲

  1. 8to1 completed
    「酸化空」収録曲「8to1」のニューバージョン。
  2. 造花が笑う
    プレデビューシングル第1弾。
  3. アレグロ
    プレデビューシングル第2弾。
  4. 赤橙(せきとう)
    Album innerインディーズの同名シングルからの再録。プレデビューシングル第3弾。元曲は浦山一悟作曲で、現在のスリーピース編成になって初めて制作された楽曲。当初は一悟が「ダイオキシン」というタイトルで地元・所沢市のダイオキシン問題をテーマにした歌詞も作っていたが、あまりにも微妙な出来であったために、大木が歌詞を一から書き直した。タイアップ(COUNT DOWN TV2002年10月度OPテーマ)や全国ラジオ局のヘビーローテーションなどもあり、オリコン20位圏内に初めてランクイン(13位)。ACIDMANの知名度を高めた代表曲の1つで、ライヴで最も多く演奏されている曲の1つ。
  5. バックグラウンド
  6. at
    インスト。
  7. spaced out
    後に「季節の灯」のカップリングにSECOND LINEバージョンが収録された。
  8. 香路(こうろ)
    後に「Under the rain」のカップリングにSECOND LINEバージョンが収録された。
  9. シンプルストーリー
    後に「プリズムの夜」のカップリングにSECOND LINEバージョンが収録された。
  10. SILENCE
    「酸化空」収録曲の再録。
  11. 揺れる球体
  12. Your Song
    英語詞。「揺れる球体」との間のギャップにレコーディング前の音合わせの様子が収録されている。

全曲、作詞:オオキノブオ、作曲・編曲:ACIDMAN

今週のシングルランキング

Loop

Loop(ループ)は、ACIDMANのメジャー2ndアルバム。2003年8月6日に東芝EMIから発売。メジャー4thシングル「Slow View」、5thシングル「リピート」収録(プレデビューシングルの三部作もカウント)。

収録曲

  1. type-A
    大木いわく「type-aggressiveかなんかの略」
  2. 波、白く
    5thシングル「リピート」収録曲。
  3. アイソトープ
    英語詞。後に『スロウレイン』にSECOND LINEバージョンとして収録。アイソトープとは同位体の事。
  4. 飛光(ひこう)
    4thシングル「Slow View」収録曲。タイトル通りのアップテンポの曲で、主にライヴのアンコールで演奏される。
  5. Slow View
    4thシングル「Slow View」収録曲。インスト。
  6. リピート
    5thシングル「リピート」収録曲。
  7. 16185-0
    インスト。「16」「18」「5」をそれぞれアルファベットの順番に当てはめると「pre」になる。pre-O、すなわち「『O』のひとつ前」という意味。
  8. O(オー)
  9. swayed
  10. ドライド アウト
    インディーズ時代からやっていた歴史の古い曲。
  11. 今、透明か(ALBUM Ver.)
    『酸化空』収録曲の再録。
  12. turn around
    後に『world symphony』にSECOND LINEバージョンとして収録。

全曲、作詞:オオキノブオ、作曲・編曲:ACIDMAN

ベストヒットコレクション

equal

equal(イコール)は、ACIDMANのメジャー3rdアルバム。2004年9月15日に東芝EMIから発売。メジャー6thシングル「水写」、7thシングル「equal e.p.」収録(プレデビューシングルの三部作もカウント)。

アルバムのコンセプトは当時、大木伸夫(vocal, guitar)が愛読していた素粒子論と手塚治虫の漫画「ブッダ」に影響を受けている。 このアルバムのPV集、「Scene of equal」に収録されたショートフィルム、『彩-SAI-(前編)』『廻る、巡る、その核へ』(ディレクター:西郡勲)は、第8回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。

収録曲

  1. 0 = ALL(ゼロ・イコール・オール)
    インストと思われがちだが、1.35辺りに「equal」という歌詞が入っている。
  2. FREAK OUT
  3. 降る秋
  4. イコール
    「equal e.p.」収録曲。この曲でMUSIC STATION初出演。
  5. 水写(すいしゃ)
    「水写」収録曲。
  6. 彩-SAI-(前編)
    「水写」収録曲。インスト。
  7. 彩-SAI-(後編)
    前編を引き継いで始まる。西郡勲監督の「彩-SAI-(inst.ver.)」のPVに影響されて作られた曲。
  8. 暁を残して
  9. colors of the wind
    『MOSH PIT ON DISNEY』提供曲。映画『ポカホンタス』劇中歌のカバー。
  10. migration 1064(マイグレーションじゅうのろくじゅうよんじょう)
    1064は「不可思議」という単位であることから名付けられた。曲中にも「不可思議」という単語が出てくる。
  11. cps
    インスト。「廻る、巡る、その核へ」とつながっている。というか「廻る、巡る、その核へ」の一部である。cpsとは「cycle per second」の略で周期の単位。
  12. 廻る、巡る、その核へ
    「彩-SAI-(前編)」、「cps」とつながったショートフィルムが存在する。なお、「cps」と合計した演奏時間は11分に及び、ACIDMAN史上最長である。ツアーのファイナルで、アンコールのラストに演奏される重要なナンバーである。

全曲、作詞:大木伸夫、作曲・編曲:ACIDMAN